運転手が2人体制の東京名古屋間を移動する夜行バスとは?

キラキラ号やオリオンバス、ウィラーエクスプレスなどは現在、東京名古屋間の移動は運転手1人体制を敷いています。
東京名古屋間を直線的な走行距離で言うと、400キロを切るルートがあるため、運転手が2人導入される必要はありません。
夜行バスは400キロを境に2人の運転手が必要となるのですが、余計なルートや遠回りをしない限り、2人態勢を敷いているところはほとんどないでしょう。
しかし、千葉など他のルートを経由する場合は2人体制となっています。
夜行バスで価格競争ばかりが注目され、安全面がおろそかになり、近年事故が発生してしまったということもあり、ここ最近は改めて安全面の強化を各バス業者とも行っています。
運転手の人数も事前に確認しておきましょう。