FXで利益が出なかった年は確定申告する必要がありません

FXでの投資による利益は課税対象のため確定申告が必要ですが、通年で利益を出せなかった場合にはする必要はありません。
しかし、FX投資を続けていくつもりであれば、利益が見込めなかったとしても確定申告をしておいた方が懸命です。
確定申告をした場合、損失の繰越控除がなされるため、最長で3年の間、損益を通算することができます。
FXの際、短期による売買がほとんどです。
その中でも、小さな値動きにより利益を抜くデイトレードでの際、一瞬での値動きにて売買を繰り返し行います。
利益が少ない分、トレード回数で儲けるのと、損をなるべく少なくするために、損切りを徹底しないと儲けられないです。
外国為替証拠金取引にとりかかる前に、限界通貨数を決めておくというのも手抜かりするべきではありません。
所有通貨の量を前もって決めておき、一定以上のポジションは持たないことをおすすめします。
これによって、勝利したとしても大幅な利益は望めませんが、ポジションの過剰な減少も防ぐことができます。
FXの口座開設に関してデメリットになることはないのでしょうか?口座を開いたからといって初期費用がかかることはありませんし、維持費も必要ないので、デメリットは無いと考えます。
ですから、FXに関心を持っている人は取引を開始するかどうかは別にして、口座だけ試しに作るのもいいのではないでしょうか。