パスポートについて

パスポートは、外国に行く時に必要なものです。
当たり前の事でもあります。
このことは誰でもが知っていると思います。
日本語では旅券と言いますが、実際に手に入れるためには、どのような手続きをどこですれば良いのか!?もちろん、既にパスポートを取っている人は別の話ですがね。
そこで、パスポートの事を知らない人の為に、少し説明してください。
パスポートとは、各国の政府が交付するものになります。
それで海外に渡航した時、国籍、身分などの証明をします。
次に日本で発行されているパスポートにはいくつかの種類があります。
何か知ってますか。
天皇家の紋章が刻印されています。
見た事はありますか。
これは十六一重表菊の紋章と言うことですね。
※在外公館では、国章として使用されています。
このマークが日本を表示していると言えます。
(笑顔)<パスポートの有効期限について>※5年です。
または10年です。
※一般の人が使用するパスポートと国会議員とか公務員などが利用するパスポートは異なります。
それから次に外交官、皇族、大臣などのパスポートも少し違っています。
パスポートを持ってから、海外旅行に出かけますが、万一外国でパスポートを紛失してしまった場合には帰国の為の渡航書と言うものが発行されます。
帰る為だけのパスポートのようなものですね。
何度も外国に行った人にとっては、ありふれた書類になります。
実際に外国では、このパスポートがないと、大変なことになります。