節電対策をしたい?

色々な家電製品を使うキッチンがあります。
ですから、是非とも実践してみてくださいね。
まずは炊飯器の節電対策方法になりますが、炊飯器で飯を炊いたら保温機能は使わないで小分けにします。
そして冷凍しておきましょうね。
食べる時にレンジで温めて食べる方が消費電力を抑えることが出来ます。
次にトイレでの節電方法についてです。
冬は使用される家庭も多いと思います。
温水洗浄便座を出来れば使わないようにします。
そうする事をお勧めしたいと思います。
もし冷た過ぎてどうしても使いたいと言う場合、設定温度を低くしてください。
その上で使うようにすると良いですね。
またトイレを使い終わったあとは蓋をきちんと閉めることで消費電力を抑える事が出来ます。
(笑顔)次に電気ポットについてですが、保温機能は電力を消費します。
ですから、お勧めしません。
お湯を使いたい時は、その都度沸かした方が光熱費の節約にもなります。
また、節電対策にもなりますよ。
次に食器洗浄機についてです。
そして、その上で節約モードが付いている場合は、節約モードに切り替えるようにしてください。
(笑顔)次に乾燥器についてです。
乾燥器はなるべく使わないようにすると良いでしょう。
また洗濯に関しても洗濯の回数自体を減らすようにすると良いですね。
この他にもお風呂でも自動保温、追いだき機能を使わないようにすることで節電する事が可能です。
節約には必須?【家計簿のつけ方】①家計簿の種類 | スグ得