プロミスのおまとめローンの審査って悪い?

普段は金利の低いところを探して借りようとしますが、期日が近づいていたりすると、消費者金融での借換やおまとめローンなど、ややもすれば高金利な方に目がいきやすいです。用途は生活資金(教育・住宅費用含む)に限られますが、居住地の公的機関の融資も検討に入れてみてはいかがでしょう。全国の社会福祉協議会ではプロミスのキャッシング等に比べてかなり低めの1.5?3.0パーセントという利率で貸付けを行っています。 審査はありますが、該当するなら利用する価値は高いでしょう。 社協の生活福祉資金貸付制度では保証人なしで借りることができますが、もし連帯保証人が付けられれば利息ゼロ(金利なし)になります。こういった制度があることを理解して、自分にとって最適な判断をするようにしましょう。プロミスのキャッシングとはどんな金額でも借りられるって思っている人が大部分のようですが、実をいうとそういう事実はありません。 キャッシングにはキャッシング枠というものがあり、その枠内においてのみ現金が借入可能ではないので、要注意です。 あまり知られていませんが、キャッシングの借り換えは借入金の金利を下げられる可能性があります。 今借りている業者より金利の低い業者で複数のプロミスのキャッシングをまとめられると、返済手数料や利息、返済管理を節約できます。そもそも、キャッシングの金利というものは、借入額が小さいほど高金利で、大きいほど低金利になっているはずです。 そのため、たとえ少額の借入でも、それが複数あるのなら、まとめて一つの借入としてしまえば、さらに利息分の負担が軽くなる可能性が高いので、おススメです。キャッシングというものは、ここ最近、審査基準のほうがかなり厳しくなって、定期収入がなければ借り入れができないという感じがします。 専業主婦や無職のように働いておらず収入のない場合にはお金を借りることは出来ません。 ただし、大手以外の中小業者の貸金なら、働いていない生活保護の世帯であってもキャッシングが出来るケースがあります。
プロミスおまとめローン審査評判は?金利口コミ【デメリットある?】